タッチパネルへの期待Windows7

タッチパネルへの期待Windows7

Windows7と言えば、iPhoneの様に思う存分タッチパネルの機能が注目されているようですが。

風説では『マウスの操作がほとんど必要なくなるのでは?』なんてことも。

果たしてどうなんでしょう?

確かにWindows7ではタッチ操作に力が入っているのもよくわかります。

具体的には、同じアプリケーション、または複数アプリケーションを同時起動させてる環境で同グループのアプリケーションとして、まとめられますよね。

でVistaではAeroなんかでグリグリ回転して目的の窓に辿りつくのですが、Windows7ではこれら各アプリケーションがグループ化されてタスクバーにたたまれ、その状態でマウスをオーバーすると(タッチパネルではたぶん一回タッチ)全て個別のサムネールを表示します。

そのサムネールがまた、『ここ触りなさい』とでも言うように一覧表示してくれます。

確かにVistaのAreoでグリグリ回転させながらの場合より、はるかに探しやすいし、タッチしやすいです、また各種ツール内のボタンなども大きめに設計されているような気もします。
次には『Tablet PC 入力パネル』なるものがあります。

起動させてみると、IMEの手書きパッドの化けもんみたいなのが出ます。

驚くのは、認識が速いこと、試しに手書きで『あ』の文字を入力すると即座に認識し、さらには変換候補まで出てきます。

もちろん、このままで文章の入力もOKです。

うーん、確かにマウスもキーボードもなくてもOKかもしれません。

でも、個人的にふと思うことは、それでもやっぱりキーボードでの入力のほうがはるかに速いし、エクセルのオートフィルなんかもそうですが、マウス無しでの操作も苦労しそうです。

まぁ、併用ということになるわけでしょうが、やっぱりマウスもキーボードも必須で使うわけでしょうから結局はタッチってあまりしないような気も・・・

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*