EFSファイルに丸3日( ̄Д ̄;;ドキドキしました・・・

今回は堺市堺区のお客様なんですが・・・・

まず、EFSとはEncrypting File Systemの略称でWindows XP Professionalには標準搭載されている暗号化によるデータの保護機能です。
簡単にいえばファイルを暗号化して保存するというもので権限のないユーザーには他人には見られないようにするものです。
さて、よくあるご依頼で起動しないパソコンからファイルのデータ抽出で訪問いたしました、なるほどパソコンが全く起動しません、マザーボードがダメみたいでした(詳しくチェックしてませんが、たぶんBIOSROM)。さっそくハードディスク内をサルベージすると・・・ハードディスクは軽度の論理障害だけですね。
「おおよそデータの抽出は可能ですよ!」なぁ~んて気軽に答えてしまったのですが・・・これがEFSの地獄の始まりでした。
作業は至って順調♪♪~で・・・ハイッ!(*゚▽゚)ノデータの抽出完了!!
さてさて納品前の確認です、【「お客様の所望するファイル名.eml」は破損している可能性があります(みたいなメッセージ)】ですって!(ノ゚ρ゚)ノ。

こんなんでました~
他にも、【「お客様の所望するファイル名.xls」は破損している可能性があります(みたいなメッセージ)】ですって・・・・!!!!!!!!!(ノ゚ρ゚)ノ

無論何度か抽出作業するも結果は同じでお客様の所望するディレクトリを含め全てのファイルから同じようなエラーが・・・

(ノ ̄□ ̄)ノ

で、よく見ますとEFSファイル(俗にいう緑色ファイル)で保存しておりました、全て。

なぁ~んだそれで開けなかったのかぁ~納得納得(*´∇`*)。

って確かセキュリティの証明書が必要だったような気が・・・・そうです、復帰するには秘密鍵・公開鍵と呼ばれるセキュリティの証明書が必要でした、もしくは事前に必要ファイルのEFSの暗号化を解除しておく必要があります

ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ。

さぁここで最大の山場を迎えます、起動しないパソコンでどうしろと?∑( ̄皿 ̄;;

・事前に必要ファイルのEFSの暗号化を解除しておく=できません( ̄Д ̄;;。
・セキュリティの証明書のエクスポートとバックアップ=できません( ̄Д ̄;;。
・第三者からEFSの暗号化の解除=できません( ̄Д ̄;;。

う~ん困った・・・・・
う~ん非常に困った・・・・・

で、たどった経緯ですが

1.とにかく出せるだけデータの抽出
2.マザーの復帰を図るが撃沈。しばらく悩む(゚ρ゚*) 。
3.同規格のマザーボードを探すが該当ナシ。もっと悩む(゚ρ゚*) 。
4.ほぼ同規格のマザーボードを確保。
5.同じユーザー名で修復インストールして・・・無理に決まっております(即撤回)。
6.違うマザーボードでイチバチで回復コンソールから論理障害の復旧をかける【chkdskをはじめできるだけのコマンド】
7.他PCからハードディスクのファイルシステムの確認するとNTFSで論理ドライブの認識、あぁちょっと希望の光('ー') 。
8.とにかくミラーリングで完全バックアップ。
9.ミラードライブをさらに復旧コマンドをかける【chkdskをはじめできるだけのコマンド】。
10.祈る(^-人-^)。
11.祈る(^-人-^)。
12.回復コンソールからからログイン、さらにbootloaderの回復。('ー') できました!!!!!
13.コマンドでEFSの暗号解除開始。
14.祈る(^-人-^)。
15.祈る(^-人-^)。
16.暗号解除完了!!!!!!!!!!!!!!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ
17.普通にデータ確保。
18.他PCからお客様の所望するファイル名.emlを開く。
19.続けてお客様の所望するファイル名.xlsを開き確信を得る。
20.納品の準備。

という感じでした。

疲れました、特に気持ちが。
安易に答えてしまうことで信用を失う恐ろしさとEFSの恐ろしさを同時に感じる3日間となりました。
ただ、ちょっとやりがいも感じた案件でした。

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*