間一髪の論理障害

今回は高石市のお客様で、
Operating System Not Found

御依頼主:『Operating System Not Foundと出てパソコンが起動しません』とのご依頼をいただきました。
私:『では早速ですが、お伺いしますね。』
御依頼主:『あの、保存データは取り出せますか?』

私:『そうですね、一度状態を確認しないと・・・何とも言えませんが。』
そんなこんなで訪問、さてご利用のパソコンはSONY VAIO PCG-FX55G/BP。

BIOS確認するとハードディスクの認識無し。( ̄Д ̄;;

御依頼主:『あの、保存データは取り出せますか?』×2
私:『・・・』
御依頼主:『あの、保存データは取り出せますか?』×3

私:『・・・そうですね・・・過去の事例からはたぶん30%くらいの可能性でしょうか。』( ̄Д ̄;;

このケースは物理障害を起こしている場合が多く、実際データの復帰は通常の手法では困難で、過去の事例で10台に3台くらいの成功率です(たぶん)、通常の手法が通用しない場合はサルベージ業者に依頼し、たぶん30万円~とかの復帰費用となります。

とにかく、お預かりすることになりました。
ハードディスクを抽出し、通電させると・・・『おおっ!』スピンアップしてくれました!
で、ご依頼の元に目的のデータの抽出開始。
その後、苦戦するもご依頼の指示のデータは全て確保!(*´∇`*)

で、ついでに他の設定ファイルやプログラムファイルもサービスで抽出しておきましょう、という感じで他のデータも退避をとついでに開始すると。

『あれ・・・?』スピンアップしない。
『・・・』スピンアップしない(ノ ̄□ ̄)ノ!!!
力尽きたか・・・『ヤバいかな?、ヤバいよな!。』

つぶやきながら、しかもドキドキしながら御依頼主へ報告。

とにかく、お急ぎなのでこの状態で納品となりました。

さてさて、その後の結果ですが・・・

ハードディスクの交換→リカバリ→データの戻し→設定の復帰、と順調に完了。

データの確認を御依頼主に確認していただきます。(;゚∇゚)(;゚∇゚)(;゚∇゚)/

御依頼主:『戻ってると思います、OKです。』
との事。(*´∇`*)

あぁ危ない危ない、の訪問となりました。

コメント

  1. イデア より:

    その節は大変お世話になりましたー!!データが消えてしまうと思っていたのでPCを預けたあの日は無気力状態で仕事になりませんでしたが、次の日PCを直して頂いたので小躍りで帰りましたよ!本当ににありがとうございましたv

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*