CPUを交換したからなのね。

今回は松原市のお客様で、『CPUの交換とビデオカードの増設後にパソコンが起動しなくなりました』との事でした。

さてさて、どんなものかと拝見・・・。

あぁこの画面でピタッと・・・・きたんですけどぉ(ピタット・ハ・ウ・ス♪)

ピタットハ・・・
いやいや、見事に起動しません。

Pentium Dual-Core E2200からCore 2 Duo E7400へスペックアップされたそうで。
マザーボードの規格上では何ら問題ありません。

とりあえずビデオカードだねぇ。と外してみるものの・・・

やっぱり、この画面でピタッと・・・・きたんですけどぉ(ピタッ・・・ (*~△~)ノ <クドーイ

ピタットハ・・・

うむむ。

ならば元のCPUに戻しましょう。

というわけで・・・

れ?

外す前から・・・・

なんか、CPUクーラーがぷかぷか。
よく見るとCPUクーラーのクリップが最後まで挿さっていないではあーりませんか。

え?

これが原因??

とにかく気を取り直して組み直してみると・・・・

ヒュイーーーーー→ーーーーーーーーー→ーーーーーーー→ーーーーィン  。

こ、こいつ動くのか?(アムロ風)

軽快な音と確実な動作。(すいませんヒネれませんでした)
どうやら、ちゃんとクーラーが最後まで挿さっていないのが原因のようでした。

お客様は初めての挑戦だったらしく、マザーボードが壊れそうで強く挿すのをためらったそうです。

確かに、意外と奥までグッと『音がします:プチッと』という感触での取り付けは少し慣れが必要かもしれません。

が、しかし今回の驚きはCPUクーラーが最後まで挿さっていない状態でもCPUが焼けなかった事です。

無論、噂でCore 2 Duoクラスは低発熱でオーバークロックも楽勝とは聞いていましたが・・・

個人的に過去にAthlonのサラブレッドのコアなどを2回ほど焼いた事がある当方にはショックでした。

もちろん、再確認はしませんけど。

まるで『絶対焼かない人の、超サラサラUV カネボウ ALLIE』のようです。
(*~△~)ノ <ナンノコッチャ

コメント

  1. 初めまして・・ m(_ _)m

    ビデオカードの故障・・、たろすけはビデオカード上のファンが故障したことがあります。
    http://blog.goo.ne.jp/tarosuke-2/e/e462668dbce2c182dafeb256e5b33698

    CPUはクロック200M時代、放熱フィンがよくねじ込まれてなくて(緩んだ?)、
    それが異常動作の原因になっていたことを見つけたことがあります。

    意外な原因に驚いたことがあります。
    お邪魔しました。。

  2. admin より:

    たろすけ大分様
    コメントありがとうございます、故障もしくは異常の原因は意外なところにある場合が多々ありますね。

    先入観で決めつけて判断しないようにしたいですね。

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*