意外と多いビデオカードの不具合

今回は岸和田市のお客様のご依頼で、パソコンが電源投入後も真っ暗のままと言う事で訪問。

到着後、電源投入すると・・・・普通に起動します。

パソコン本体のカバーを開けて診断してみますが・・・・

『う~ん、特に気になる個所はありませんねぇ。』

電源の不良?単純にスイッチの不具合?かなと思いつつ、電源を入れてみました。

オロ?普通に起動してます。( ̄Д ̄;;

でハードディスクの独特のゴロゴロ音が気になったので、ベンチしてみると・・・

転送速度がガタ落ちで、そろそろ交換のタイミングのようです。

けれども、電源が入らない原因とは思えません。

その後メモリやら、なんやら診断するもハードディスク以外で不具合らしき不具合はありません。

『あれぇ?普段はこんなにちゃんと動かないのに・・・』と、お客様。?( ̄Д ̄;;?

『でしたら、一度お預かりして詳しく調べてみましょうか?』と提案させていただき、その後詳しい診断。

ついでにパソコン内部のクリーニングも!とのことで、バラして掃除をしながらパーツ検証開始です。
PCIにキャプチャカード・AGPにWinFast A250(128MB)のビデオカード。

ビデオカードを外して埃を取り除く際に電源が入らない原因が発覚しました。

写真の小さいコンデンサが地味にパンクしてました・・・(*゚▽゚)ノ <ナールホド

winfast_a250
なーるほど!と思いつつ早速お客様へ報告。

同クラスのビデオカードなら4000円前後で入手できますので、その旨を提案しました。
結局、『他にも気になるところは、お任せします。』との事で、ご依頼はハードディスク・ビデオカードの交換、メモリの増設、パソコンのクリーニングとなりました。

仕上がった感触にお客様も納得いただけました。(^▽^)

そう言えば過去にもビデオカードの不具合で何度かこんな事がありました。

ひどいものはビデオカードのファンが爆発してるものも(この時は当然、即発覚でしたが)ありました。(ノ゚ο゚)ノ

ビデオカードは価格が高い割に発熱などによる故障率は比較的多いかもしれません、導入には冷却効率の考慮も絶対条件ですね。(^-人-^)

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*