岸和田市

ケースが開きません。

今回は岸和田市のお客様で、『パソコンが急に固まって、画面が走査線のような感じになる』との事でした。

訪問するものの・・・

『パソコンが急に固まる』:その症状が

出ません。

何をしても

出ません。

負荷をかけるようなことをしても・・・・・

一向に症状が出ません。

『う~ん』( ̄ー ̄?

ご利用のパソコンはHP Compaq Business Desktop dxのシリーズで・・・
コンパクトタイプのデスクトップです。

ひょっとして・・・モニタ?かな?

と思いつつカバーを開けて・・・・って。

開かない。

どうしても開かない。

なぜ?

通常は両サイドのラッチ開閉ボタンをしながら簡単に開くはず・・・

な~~~ぜぇ~~~~?( ̄ー ̄?

とにかく、何の検証もできないままお預かりとなりました。

まず、カバーを開けることなく電源を入れ、何もせず、スリーンセーバーを出して2時間ほど放置。

すると・・・・

でましたぁ~~^_^~~~。

不具合症状。

決して喜ぶべきところではありませんが。

これで、モニタの不具合では無い事は確証を得たのですが・・・・
どうも、この気分屋的なフリーズはメモリか熱暴走・ハードディスクの可能性もあって、やはりハウジングを開かないといけません。

その後、スキマから覗く・他の部分からアクセスを図るも・・・・

ダメ。

モニタの不具合であった方がよかった、などと思いながら・・・

悪戦苦闘すること1時間。

開かない原因が発覚。

どうやら、シャーシのスライド突起(ケースカバーを固定するもの)の両サイドがまる~く曲がっておりました。
何??まねき猫の手かぃ!ゞ( ̄∇ ̄;)

通常は片方ぐらいしか曲がらないのに両方曲がってるなんて・・・・
このパソコン・・・どうやらお金とお客さんの両方を招く両手まねきねこだったようです。

まぁ、ここからは簡単でした、細いピンセットをスキマから入れて片方の突起を押さえながら、もう一方も同じように内側から突起を押さえてカバーをスライドすると、いとも簡単に開きました。

開かなかった原因が分かった時点で何故か不具合箇所が発覚するよりもうれしかったり。

で、まず目に飛び込んできたのはメモリ。
メモリスロットが小さい筐体にもかかわらず4つあり、すべて埋まっていました。

純正(hp記載)のメモリ256MB×2と増設されたメモリ256MB×2の計1GBでした。
中でも増設メモリなんですが、規格はあわせてあるもののECC付きのメモリで、これが原因のようです。

memtestでもきっちりエラーが。

念のため他のパーツもパーツごとで検証してみますが特に不具合無し。

というわけで、純正メモリのみの構成で電源を入れ、何もせず、スリーンセーバーを出して4時間ほど放置。

翌日も、スリーンセーバーを出して6時間ほど放置。

不具合は出ず。

という結果でした、でも100%メモリが原因だとは言い切れませんので不具合が出ればまた仰って下さいね。

ユーザースタイルシートに右往左往。

いつもお世話になっております

パワーストーンショップ弥吉さんへ

アトリエぽるかの松田さん

と最近訪問した時の出来事です。

パワーストーンショップ弥吉さんのサイトは中学生の息子さんの完全オリジナルです。

といか知識ゼロから始めた中学生がサイト管理出来ます?普通。

彼は将来有望ですね、絶対(ツバつけとかねば)。

前置きはまぁこのくらいで。

ホームページの作成や更新はホームページビルダーを利用されてます。

それで・・・

『ある日から急に(更新ページの)文字のサイズを変更しても変わらないんです』との事。
『???』
『えーと・・・???』

ホームページビルダーでどんなボタンを押しても引いても設定変えても変化なし。
『なんで・・・???』( ̄△ ̄;)

HTMLの知識が余計に邪魔した結果なんですが・・・
『ひょっとしてmetaで・・・』ホームページビルダー特有の・・・関係ナシ。( ̄△ ̄;)
『いや、ひょっとして外部CSSで・・・』外部CSSは見当たらず。( ̄△ ̄;)

アトリエぽるかの松田さんにも好意でその場で見てもらいましたが・・・・

——-これだけの記述にしてみたり——-
<html>
<style type=”text/css”>
<!–
.style1 {font-size: 10px}
–>
</style>
<body>
<span class=”style1″>
ええええ
</span>
</body>
</html>
—————————————–

——-これだけの記述にしてみたり——-
<html>
<body>
<font size=”+2″>
ええええ
</font>
</body>
</html>
—————————————–

が、しかしホームページビルダーのプレビュー見てもIE(6.0)で見ても変化ナシ。

あれこれ考えてもワカリマシェーン。(ノ゚⊿゚)ノ

たまたま、Safariがインストールされてましたので、こちらで確認。

すると・・・・・

なんということでしょう!!(ビフォーアフター風:最近よく使う)

当たり前ですが、ちゃんと文字サイズが変わります。

即、ブラウザ側だと判断。(ヘ`∀´)/
設定を確認すると・・・・

きっちり
【表示】→【インターネットオプション】→【ユーザー補助】→【自分のスタイルシートでドキュメントの書式を設定する】に

チェックが入っておりました。

なーんだ、と思いつつホームページビルダーのプレビューもIEの設定を継承してるんだねぇ、と変な発見をしてしまいました。

でも、何でチェックが入ってたんだろう?

意外と多いビデオカードの不具合

今回は岸和田市のお客様のご依頼で、パソコンが電源投入後も真っ暗のままと言う事で訪問。

到着後、電源投入すると・・・・普通に起動します。

パソコン本体のカバーを開けて診断してみますが・・・・

『う~ん、特に気になる個所はありませんねぇ。』

電源の不良?単純にスイッチの不具合?かなと思いつつ、電源を入れてみました。

オロ?普通に起動してます。( ̄Д ̄;;

でハードディスクの独特のゴロゴロ音が気になったので、ベンチしてみると・・・

転送速度がガタ落ちで、そろそろ交換のタイミングのようです。

けれども、電源が入らない原因とは思えません。

その後メモリやら、なんやら診断するもハードディスク以外で不具合らしき不具合はありません。

『あれぇ?普段はこんなにちゃんと動かないのに・・・』と、お客様。?( ̄Д ̄;;?

『でしたら、一度お預かりして詳しく調べてみましょうか?』と提案させていただき、その後詳しい診断。

ついでにパソコン内部のクリーニングも!とのことで、バラして掃除をしながらパーツ検証開始です。
PCIにキャプチャカード・AGPにWinFast A250(128MB)のビデオカード。

ビデオカードを外して埃を取り除く際に電源が入らない原因が発覚しました。

写真の小さいコンデンサが地味にパンクしてました・・・(*゚▽゚)ノ <ナールホド

winfast_a250
なーるほど!と思いつつ早速お客様へ報告。

同クラスのビデオカードなら4000円前後で入手できますので、その旨を提案しました。
結局、『他にも気になるところは、お任せします。』との事で、ご依頼はハードディスク・ビデオカードの交換、メモリの増設、パソコンのクリーニングとなりました。

仕上がった感触にお客様も納得いただけました。(^▽^)

そう言えば過去にもビデオカードの不具合で何度かこんな事がありました。

ひどいものはビデオカードのファンが爆発してるものも(この時は当然、即発覚でしたが)ありました。(ノ゚ο゚)ノ

ビデオカードは価格が高い割に発熱などによる故障率は比較的多いかもしれません、導入には冷却効率の考慮も絶対条件ですね。(^-人-^)