XPへのダウングレードもなかなか難しいもので

今回は、和泉市のあるホームページデザイナーさんのご依頼で。

「作成したホームページを(IE6)や(IE8)を検証できるパソコンがあればなぁ…」というTwitter的な一言が発端で、XPとVistaのデュアルブートパソコンの制作依頼となりました。

最近のパソコンは、AHCIをはじめHigh Definition audio(HD audio)などの規格が一般化してます。

無論Vistaは特に意識することもないんですが、XpのSP2では勝手が違います、たぶんSP3は問題ないと思いますが。

今回についてはSP2で導入開始となりました。

まず、AHCIモードの状態ではWindows XP SP2をそのままインストールできないものが多い様で、具体的にはブルーバックを起こしてインストール中断となります。( ̄Д ̄;;

もちろん、IDEモードであれば問題ありませんが。

解決方法はFDDを用意してインストール前にAHCIのドライバを当てる必要があります。

セットアップの最初の青い画面でF6を押して拡張ドライバを当ててあげます、但しレガシーサポートの少ない昨今のパソコン、FDD搭載のマシンは少ない様で。(>▽<;;

こうなると外付けのFDDを利用する他ありません。

さてさて、クリーンインストール完了後、それぞれのデバイスドライバを当てていくんですが…

デバイスマネージャに【PCIデバイス(?)】がでております。

良くあることですが、High Definition audioではドライバがちゃんと当たらないとデバイスマネージャに【PCIデバイス(?)】となります。

早速audio用のドライバをインストールするも、全く当たりません。

な~~~ぜぇ。
( ̄ロ ̄lll)

とまぁ、ググると…
ありました。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/MIGR-62575

どうやら888111JP.exeとDirectX 8.1を導入する必要があるようです。

な~~るほど、と早速当てます。
すると【PCIデバイス(?)】が【High Definition audioデバイス】と認識が変わります。
その後audio用のドライバを再度インストールし、完了。
(o ̄∇ ̄o)

後はすいすいっとXpは動作開始。

SP3にもアップデート完了っと。

後は言うまでもなくVsitaをインストールにて無事デュアルブートパソコンの納品となりました。

また、何かありましたらご連絡下さいね!

お待ちしております。
( ´¬`)ノ

コメント

  1. 2dreams より:

    う〜ん、すごいっす。
    感謝いたしております。
    これからも宜しくお願いします。。

  2. admin より:

    コメントありがとうございます。

    お役に立てて光栄です、また何かありましたらご遠慮なくご連絡ください、お待ちしております。

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*