Raid1でパソコンのデータ管理をオススメします

前回の続きになりますが、今回は過去の事例でRaid1のパソコンを納品させていただいた時の覚書です。
まず、はじめにRaid1とは・・・
簡単にいえばハードディスクを丸ごとコピーしながら運用するパソコン(またはサーバー)のことです。
Raid1とあるように実は構成として現在Raid0~Raid5など構成に応じて番号が付けられており、比較的安価で耐障害性に備えて設計したものがRaid1です。
さて、このRaid1で構成したパソコンは言うまでもなくデータ丸ごとのコピーを自動で作ってくれます。
物理障害でパソコンが起動しなくなっても即座に復旧できます、また新しいハードディスクを取り付ければまたコピーを自動的に作ってくれるので実質的にハードディスクの物理障害に対する不安はかなり少なくなります。
さらに定期的なバックアップとUSBメモリなどで特に必要なデータは冗長しておくことで信頼度はグンと上がります(*´∇`*)。
下記は導入時の提案と納品させていただきましたRaid1の構成です

raid1構成でネットワークサーバーを導入する提案書

だからと言って導入すれば完全に安心というわけではありません。
当然ながら物理的に壊れるものはマザーボードも例外ではりません、いくらハードディスクが問題なく稼働し続けてもRaidを構成するマザーボードが壊れてしまえば元も子もありませんから(同規格のマザーボードで大体復旧できますが)一応導入時には同じマザーボードも予備で置いておいたほうが良いでしょう。
壊れた時の復旧費用よりも導入費用のほうがきっと安くつくと思いますよ!。
近頃ではハードディスクがどんどん安価で手に入り、マザーボードにもオンボードでRaid機能が充実しているものも多数見受けられます、個人用途でも是非検討してみてはいかがでしょうか?

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

情報をお持ちの方のコメントをお願いします

*